kochangだったりする!

自分の興味範囲だけ

【新潟】落下する夢

次は料理がしたいね

メッセージを見て思い出したのは「あそこのキッチンどうなってたっけ??」IHとは覚えていて、収納が多いんだけど、多い分、、、なにが何やらの状態を覚えている。

フライパンもテフロン剥げしてたよなーとか、タレルの作品以外の記憶もしっかり残されていました。
で何を作ろうかしら?とぼんやりと考えながら、まぁ火が通せればなんでもいいかぁと
とても勝手なことを思いながら、メッセージに「いいですよー」と返事を送った。

強運と言われるのは、相変わらずで2019年の10連休時期に光の館を確保できた。
あいかわらず、すんなり事が進むことに自分は恵まれているなぁと幸せになる。
光の館は半年前の予約開始だけど、行く人間や諸々の工程については半年以上前から決まっていた。
実は富士登山に昨年挑戦しており、強風のため断念
残念会を東京で開催して頂き、そこにいたメンバーが参加する事になっていた。

あとは、お金・休み・移動手段を含めたそこへどうやってそこに行くのか問題しかない。
だいたいお金はなんとかなって、休みと移動手段が難点である。

光の館に(移動して)行くことは、大阪の人にとっては大きなハードルで
まず、新潟までの便が少ない。飛行機は少なく、電車なんかすんなり行かない、高速道路はある。
このように「不便」な都市に行くのは楽しみの一つであって、地図を広げてウンウンと考える。

今回は北陸フリーきっぷを選択
http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=119000169
15,560円で大阪金沢の往復のサンダーバードがついて、3日間北陸の電車が乗り放題に加えて一部北陸新幹線が使える。
難点は2名以上じゃないと使えない。まぁ家族行動だし難点ではないか、、、
メリットは子供3,000円。指定席じゃなくても自由席も利用できる。

大阪から金沢までサンダーバードに乗車。乗換で北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅

大阪駅から出発するメンバーとは駅構内に待ち合わせ。
始発より1時間以上前から誰もいないホームにいた。
そのときは、朝の大阪駅はやっぱり寒いよなーと震えていた。

https://www.instagram.com/p/Bw-Tl_cDVTn/

女子大生ぽいの2人組がやってきて、金沢に行くことが楽しみなのか素敵な笑顔だった。
自分の後ろには父と息子。
とても熱心に金沢についたあとのプランを考え話し合っていた。
周りも休みを楽しみにしてるんだ。どこか現実に袖を引っ張られて夢に入り込めない癖はどこでも発症するんだなぁと思い、静かにやってきた朝一番特急の車内に乗り込んだ。
満員、夢は走っていく。

黒部宇奈月温泉駅から見える立山剱岳唐松岳
そうそう、この北アルプスたちがとても愛おしい。北陸の人を守り、また問いている姿。

仕事で関わる方々もとても素晴らしい人達で尊敬がいっぱい詰まった街。
レンタカーを引き取りに行くと、気さくなおじさんが対応していただく。
「晴れてよかったね!」の言葉がきれいな発音で心地よかった。
そう、快晴。

エンジンを始動させ、いざ十日町へ出発。

雪解けの大地、水を張った田んぼ、耕されている匂いが車内に流れ込み、ああすばらしい土地に来たんだなぁと既に酔っている。
同じく酔わされた息子は車内で大嘔吐。
まぁ原因は匂いではなく、車内で読んでいたポケモン図鑑なんだけどね。
読みます?ねぇ?読まないで?って言ったのに読みます??

十日町のスーパーで東京方面東北方面から来た人たちと落ち合う
こんにちは、はじめまして、おひさしぶりです。
挨拶もそこそこに光の館で食べる食材を買い出し。

カート3台パンパンに入ったお会計、カート1台約1万円
16人分の夜と朝の食事が足りるのかしら?と食材を積んだ車はユラリと光の館へ、、、
と日本酒好きのメンバー(僕も含めて)は光の館へ行かずにその車たちを見送る。
そして事前にチェックした酒屋へ

地元新潟のお酒を揃えた酒屋さんへ。きれいな店内で素敵な揃えに目を輝かせ
やっぱり買わないと分からないよね、ジャケ買いだね!て盛り上がる。
後に大当たりを引いている事にはこのとき思っていなかった。

久々の光の館へ

宿泊費の精算、施設の使い方を聞いて、スタッフの方が「それではまた明日」と正面玄関をパタンと締めた。
この締め方がとても静かで、一気に僕たち16名をコチラとアチラへつなげて行った気がした音。
そうかこの人はこうやってスイッチを入れ続けて来ているんだと知る。
天井を開ける。おひさしぶりタレルさん。

料理していると心整理と言うけど、今回の場合、誰かを思い心整理なんだよね。
子どもたちのために鍋を振る舞う。うどんで締めたら満腹にここまでの疲労で寝るだろうとの計算。
大食漢の子どもたちは鍋を大いに楽しんでもらう。

落下する夕焼け。

次はミートソースでも作ろうか、パスタいっぱい買ったし、と考えながらコトコト煮込んでいたら、とても寒い空気が体中の熱を奪い始める。
あらあらと思い、急遽作ったことのないトマトスープを作り始める。
寒い環境でタレルを見ている人たちを考え手早くぱぱっとなにかと思い手を動かす。
野菜と水とトマト缶でコンソメ混ぜたら大丈夫だよー多分、、、と思っていたら評判が良かった。

料理も、、、例えば煮物をしているときに本を読んだりするけど
ここでは作品がある。この距離がとても適切なのか分からないけど
時分と共に変化する作品、時分と共に変化する料理。
もちろん噛み合う時間帯はできるわけで、ふと手を止めて鑑賞することができる。
なんだかここにもこの作品を読み解く正解があるのかもしれないと考えてしまう。

オリーブオイル漬けされたイワシクリームチーズとハーブソルトをふりかけて
フォークで混ぜたものをリッツ乗せて食べたりする、つまみを作ったり
ミートソースも出来上がり。味見は大人というネズミさんが一杯いて
美味しい美味しいとつまんでいただく。あぁちゃんとした料理作っているんだなぁと実感。

縁側で寒い寒いと震えながらつまんでいたら、後ろから美味しい!との叫び声
なに?と振り返ったら、僕が「ジャケ買いだね!」と選んだ日本酒が
あまりにも美味しかったみたいで叫んだとのこと。
急いで一口いただくと本当に美味しくて、なにこれ日本酒???と驚く美味しさ。
ここでも強運を発揮。

https://www.instagram.com/p/BxAHB0UjnYW/


タレルの作品の下でお茶を頂き、あら?これは夢?オイオイ

大阪駅のホームで見た金沢へ行く女の子と同じように現実を振り解き
次の行き先のことを冊子を眺めて考えていた親子のように
夢の中にいつの間にか来ているじゃんと気がつく。

けど、気がついた時点で夢は夢であるのかしら?と考えながら
対岸にいる現実から遠く離れここまで歩いてきたんだと知る。

外に出ると網膜に収まりきらないほど散らばった星々。
その夢見心地のままお風呂に入って
その夢はきれいに布団へと落下していく。

【金沢】僕らはさっさと死ぬけど、後は任せたよ

お盆の時期に大型連休なのにどこも行けず、甲子園の試合経過を眺めるのは納得行かない。
夏の太陽は怖い、体中の水分を乾かし切るぐらいの勢いだ。
そんな太陽がサンサンと照らすくせに何処かに行きたい欲求は湧き出てくる。
自転車に乗って、三宮の先の和田岬と呼ばれる場所に思い立って行ったが
なんてことはない、隣の県に遊びにいっただけ。
別に大型連休じゃなくても行ける距離だった。
和田岬でかき氷を食べながら「あかんな、日帰りでもいいから遠くに行きたい」と思考していた
夏は折り返し地点を通過した。


夏も終わろうとしていた頃、金沢21世紀美術館にて「死なない命」の展示内容を目を通す。
あ、これだな、行くか。
最初の概要を読んだ時点で行くことを決めていた。
大体旅行は直感で決める。
次の瞬間には妻をどう説得して皆でワイワイガヤガヤと旅に出るかと考えていた。

わがままに付き合ってくれる妻にはいつも感謝したりない。
家族で行けばいいのに、みんなでワイワイガヤガヤ
息子も娘も大きくなったらこんな父親をどう思うか。
けど、お父さんの周りは素敵な人が一杯だよとは伝えている。
今回もそう、みんなを巻き込んで日帰り旅行を計画した。

夏の暑さも落ち着き秋の音が聞こえてくる頃、息子の運動会があった。
あいにくの天気になりそうな日に決行されて、雨も降るのか降らないのか分からない
競技が進行するごとに雲は悪くなる。
今回の運動会、最終競技という事で大人のリレーというか、協力してゴールに向かうリレーがあった
そこで、おもいっきり引っ張られてしまいコケてしまう。

そこからが記憶なくて、気がついたら救急車の中だった。
鎖骨の脱臼。
肩ではなく、鎖骨。めったに脱臼しない箇所とのこと。
手術をするorグギっと収める。

手術をすると治療に時間はかかるが、前の状態に近くなる。
グギッと収めると、脱臼癖が発生やらリュックも背負えない。

考えて?と医者に言われる。

考えると言われても、決定権はこちらにあるのは理解してる、けど、右肩はそれでも痛みが続き記憶が薄れていく。
手は動く、字は書ける

次に頭に浮かんだのは子供で
この子たちをまだまだ背負わないといけないのに、リュックも背負えなくなるのは大変だ
ほぼ答えは出た、キッカケは子供だった。

 

入院、手術

しばらくすると看護師がお迎えにきて病室に案内された。

見知らぬ建物を歩きながら思い出したことは「あれ?金沢行けるのか???」だった

入院、手術、退院、職場復帰
右腕は本当に動かなく、けど辛うじて手だけは動いてた。落ちているペンを伸ばして取れない。
パソコンの入力に問題はないけど
本当に異物感が凄くて、痛みも凄くて
全てが凄く痛くて、この文字を打っているこの瞬間も痛い。
凄く痛い。グギッと収めた方が良かったのでは?と決断に迷うぐらい。

 

リハビリは過去の記事でも紹介したリロコーヒーの上にある施設だった。

この建物には縁があるなとふと思う。リハビリが始まる。

担当して頂くリハビリの先生と顔を合わせ、開口一番
金沢にドライブする約束があるのですが、、、12月ぐらい、、、

え?

僕が運転するんです。

ええ?

、、、

が、頑張りましょうか。

はい、、、

 

この事故で日頃使っていた筋肉も断裂していたので再建リハビリを兼ねていた。

日頃使っていた筋肉を再建する

言葉にしても実感が湧かなかった。


努力というのはこういう所で発揮するものではない
試験資格受験で努力するべきなのに体育会系の脳みそ・思考からなのかリハビリは順調であった。
同時に金沢へのルートも決まり、ワイワイガヤガヤに付き合ってくれる友人も集まりだし、当日を迎えた。

深夜の出発はドキドキする。
周りが暗く、空気が日中より低くツンッとして、心地よい緊張感に包まれる。
その空気を鋭い槍のスピードで車が駆け抜け、その光は金沢へ向かっていた。

早朝の金沢に到着。朝ごはんを頂く。
海鮮丼をたらふく頂く。
子供らも満足して金沢21世紀美術館

現地でも合流した人もいてなんだか申し訳ない。
けど会えて良かったよ、と開館までの時間をのんびりと過ごす。
目に見えるのはレアンドロのプール、早く近くでみたいねって娘と話す。

開館前のこのやりとりって、なんだか大阪の美術館ではなかったなぁと
関西の美術館か、、、

こう扉の向こうにはワクワクが待っているんだという、仕掛けがこの美術館には潜んでいる。

時間とともに劣化するやくしまるえつこの作品。
あの時の星空から流れていく歴史
時を超えてきた新しい花
外に出ることが許されない薔薇
崩壊後の世界を映す翼

遺伝子の組み換え?操作?
口に入れる食べ物を考えたら、そんなの言えるの?
ある程度人間の手を加えたものを摂取することが、当たり前で
天然とか自然とか言われても、ある意味で怖さを感じる。

子供には難しいのかしら?と横目で見るとキラキラした視点
あぁ、この子は新しい世界が好きなんだねと、お父さんは嬉しくなっちゃうよ。

作品の評価、展示の評価は他に託し、人間のエゴと改めて向き合い
丁寧に構成された展示でした。

 

学芸員の髙橋様、お忙しいお時間を割いて頂きありがとうございます。
なお、今現在も腕は治ってません。

www.kanazawa21.jp

【新潟】光の館とその周り

「光の館へ家族で行かない?」と言われた。
大体4年前だったかな。
なにそれ?
調べてみたら、新潟県にあるらしい。新潟県????

タレルって金沢21世紀美術館にある、あのタレル?
そこに泊まれるなんて、へー、、、新潟県、、、行ったことないけど、遠いな、、、
そんな状態で、生返事で「いいですよ」と返事したのを覚えている。
けど、その人にそんな話されるなんて嬉しくて仕方なかった。

キッカケは何気なかった。

当時は息子も生まれてたけど、手がかかって旅行なんてできるわけもなく
日にちの決まってない約束は頭の片隅に残っていた。

いつしか息子は強く育ち、ちょっとやそっとでは倒れない強い子になった。
父と息子の二人旅も途中で経験した。
そして1年前に「行こうかな、、、」と決断した。
気持ちであり、勝手にスイッチを入れた感覚。

それからと言うもの、光の館調査、進行ルート調査、美味しいもん調査に半年を掛け
会った事のない光の館の管理運営している担当者とのメール等のやりとり

どうせ行くなら、日本中の芸術好きが羨む良い日
これは旅であると同時に誰かに語り継ぐバトン
そして友人の約束を守る

そう心に決めて予約の送信ボタンを押した。


友人達と調整したり、お願いしたり、至らない部分があったり予定が合わなかったり
突然誘って困惑させたけど、快諾してくださったり、相変わらずの事をしていました。
今振り返ると、とても一瞬過ぎてびっくりしている。

晴れ
朝の光を追っていくと新潟まで導いてくれた。
気持ちよくて気持ちよくて
立山連峰を通過する時、その雄大さに心が奪われた。とても気持ちよく奪われた。

ところで、新潟って越後妻有に芸術祭があるんですね、何かの雑誌で見た。
その雑誌には現地にある作品として、大きな窓にカーテンがあった。

何の作品だっけ?けど越後妻有には窓があるとしか覚えてなかった。
その芸術祭はとても大規模広範囲で開催されており
窓の作品は見れたらいいかなって同行する友人に話した。
けど、予定には入れてないから、今回はいいか、、、と完結させる。
後々になってこのやり取りが夢を運んでくれることに。



自分は気になる車、動きを必死に追いながら動いてるが
後ろの人はまだかなと、座っているだけ
飽きてくるよね

休憩は適度に取るけど、こればかりは仕方ない直江津というところで
降りたい人は降りてもらい、電車で十日町で集合ねと約束して
車でのんびりと向かう

その時に運転を変わってもらい、周りの景色を楽しむ。

目に入ってくる映像は雪解けを終え、久々に太陽の光を浴びる土の濃厚な匂い
その光を一ミリも逃すことなく広げる葉っぱ、と
歓迎しているのか、居場所を教えてくれているのか分からないけど、
風がこの土地について心地良く伝えてくれる。

電車組はひと足早く十日町に到着しており、キナーレへ移動をお願いする。
ボルタンスキーが何かしてた。その程度の認識の自分。
キナーレは大きいなーとしか感じなく、おいおいお前しっかりしろと感じる。
モグラも出てきており、子供も大はしゃぎ


東京からの友人もここで合流して、のんびりとメインイベントの光の館へ向かう。

光の館というところは、調味料以外は揃っている所
自炊する元気は持ち合わせてないだろうと思って何も作らず
一時間でも一分でも一秒でもタレルの作品を楽しんでもらえたと思い
各々プログラムを楽しんでもらう。

お風呂で読書、探検をするちびっこギャング団、あちこち撮影に余念がない人
そして屋根を撮る人、眺める人

どうも慣れない自分もいる
見ることで記憶する事が多くて撮影することは不慣れであり
あんまり「キマっている」写真は撮れなかった。



5月の日中の風は気持ちよかったんだけど、夜の風はとても肌寒かった。
一枚羽織れるのがあればいいと思ったけど、その通り

近所でお蕎麦を食べに行き、コンビニへ買い出しして夜の宴会を開始

タレルの作品を見ながら寝る人がいるかもしれないから、縁側?に机を並べ
座布団を敷き準備。

はじめまして、はじめまして
おひさしぶり、この度はお誘い、、、
いやいや、やめてやめて運がいいだけよ
さむいですね
そうですね、毛布がありましたから出してきましょう
ヒータがあったよ、持ってこよう
よいしょっと、暖かいですね。
ところで何を飲みますか?スパークリングを買ってきたんです皆で飲みましょう
下からお風呂に入っている人達の声が聞こえますね、修学旅行みたいですね。
あ、子供は寝ましたか?お酒を入れましょう、よいっしょっと
コンマ一秒で予約が取れるか取れないか、、、ですって、光の館。
凄い所へ連れてってくださり凄く感謝、、、
いえいえ、もうやめてって、恥ずかしいから
こーちゃん、星がみえるよ
え?そうなの?んじゃ、タレルを通しても見れるね
そうか、あ、見える。凄い
ほんとうだ、見れる見れる。
熱燗できます?
そういえば、ここに置いている食器に徳利もおちょこも見た気がする。作るね。
お願いします。
できたよ、熱燗。
ありがとう、わぁ最高。
町の明かりも見えますね。
そうですね。けど、この周りは人の気配はここだけですね。
熱燗わたしも欲しい。
いいよ、松乃井ってところのこのお酒なら多分いいと思う。地元の企業だし、オツだよ
そうだね、お願いします。
はーい
できたよ
わぁ美味しい。暖かい
そうですね、暖かいですね。
ねぇ、星が凄いよ
え?十分凄かったけど?
ううん、更に暗くなってからか、満天だよ
そうなの?見に行く
本当だ、満天だ
来れたんだぁ、あ流れ星
本当だねー
奇跡だねー
うん、奇跡だ
、、、
奇跡って何回も起こさないとね
オッサンみたいだね
そう?
うん
年取ったね、お互い


目覚めると、友人の長男坊さんが隣でダンボールにいくつも穴を開けている最中。
あれ、、、朝一番のプログラム、、、のがした???
もういいや、もう一回寝よう、、、と思ったけど、目覚めてしまったので朝の準備

記念撮影、挨拶もそこそこにして朝食を食べにキナーレ
オーダーから提供のタイミングが悪く、予定が大幅に狂う

早々に新潟を去る予定が大幅にオーバー
では、どうします?ということになり
「こうちゃん、大きな窓を見れば?道中でしょ?」
そう言えば道中だった事を忘れていて、
大地の芸術祭の唯一記憶している作品の窓を思い出す。

心残りはあるけど、大きな窓へと進行を切り替える


個人的には好きではない類の作品
あまりにもメルヘンな作品だから。
けど、人を惹き付けるのは分かる。ここでゆっくり過ごしたいとは思った。
本と時間が必要

そして、金沢へ向かって車を走らせている途中、
まだ新潟を抜けていない時に、三省ハウスという看板が目に入る。
はて?ここではなんかやっていた気がする。
数日前になにか情報を見たような気がする。
と思い出し、車を路肩に停めてもらい調べていると
レアンドロ・エルリッヒ「Lost Winter」の先行公開の文字
みんな大騒ぎ、スターの作品が見れるんだからね。

窓に出会えたから、ここにつながる
そうか、これが新潟なんだ知らない人に出会い、友達になり
また会おうと手を振りブラブラとドライブしていると作品に出会う。
そのサイクルを実感して次の目的地へと向かう。


---------------------------------------------------------------------------------------------
光の館補足情報


予約は6ヶ月前から開始(詳細はHPにて確認)
1日に一斉に受付。頑張って下さい。


2F
部屋は2室とキッチン
各所、冷暖房あり

台所側に部屋がある。
夜や朝に台所で作業をすると、少し気になるかも。
(顔知りばかりだったので、今回はガンガン騒がしくさせてもらう)

包丁やらまな板類は全て揃っている。
冷蔵庫、冷凍庫あり
酒類は有料
炊飯器もあり、やかんもあり
お湯も出る。お茶碗も徳利もおちょこもあり
パスタ皿もあり、IH調理器具なので自前で持ってくるときは注意。
ボウルやザルもあり。食器洗い乾燥機もあり

机あり
回廊があり、回廊専用の机あり回廊で宴会も可能

1F
お風呂場あり、トイレあり、部屋が一室あり
コンクリの土台なので冬期は寒いと感じられますが床暖房もあるので問題なし
石油ファンヒーターもあり。
脱衣場がないので、トイレの前の共有廊下か、部屋の共有廊下で脱衣
最初に男女別、家族別の入浴時間を決めておくのが得策。
トイレは2つあり、ウォシュレットあり、洗面もトイレに併設

子連れだと、1Fの部屋に移動していたら良いと思う。
騒ぎ声は上まで響かない、ただし、だれかが入浴やトイレに来ると
足音等が聞こえるので注意。

お風呂は勝手に湧き上がるけど少しぬるめ
江戸っ子は注意。

ゴミは事務所裏に集約して捨てる場所あり。(2017年現在)
ただし、光の館から事務所までは少しだけ離れているので、チェックアウトに一気に持っていく事になるかと思う。
大人数で一気に借りて宿泊する時は、45リットルぐらいのゴミ袋必須。

少し走るとイオンあり、買い出しは可能、セブンイレブンもあり
朝食も買っておくことをオススメ
夜ご飯を作る元気がなければ、近所に食べに行くのもオススメ
今回は、へぎ蕎麦小嶋屋総本店
200名クラスを収容できるので満員でも回転は早い。提供速度も早い。

調味料さえ持っていけばだいたい大丈夫。