読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kochangだったりする!

自分の興味範囲だけ

100円の値引きには応じなかった話。

先輩が出先だったので、急遽見積もりを作ってくれないかという話があり
こういう対応するのが後輩の仕事で、さっと作り、ぱっと提出した。

それから音沙汰もなく、見積の期限が切れる頃先方から連絡があった。

安くならない?って

そこからは駆け引き。
はいそうですか値引きします、なんてヘコヘコ受けるわけではない
会社にとっては少ない5万程度の金額でも、売上は売上
守るべきところも理解しているので難しいです、無理ですと返答。

いつもはそこから、相手の引き出しや会話力を見せてくれるんだけど
今日の相手は全然違って、100円も?100円も値引きできないの?とイキナリ言い出した。

100円?100円の値引き??
いや、別にいいけど、その労力に100円以上の負担があるのは見えている。


自分が見積書を再修正して印刷、承認貰って、FAXして、注文書貰って事務員さんに価格修正して貰って、出荷して、、、

電話の向こうの人が求めているのはたった100円の値引きを会社の代表として求めるのか??と受話器から流れてくる声を聞きながら思う。

面白くなかったので、無理ですと押し通して「100円も出来ないのか立派な会社やな」と言われ一方的にガチャン切られる。

本当の事を言うと5千円ぐらいの値引きは出来たと思う。
ふっかけてる事をしなかった貴方の問題だよと思う。

貴方も会社を背負ってるし、僕も背負っている
出来ないなりに、やりとりをして学んでいる。
ただ100円の値引きを求めてくる貴方みたいな人と何ができるの?